GOOGLE

お尻ニキビの治しかた

ニキビは普段は顔にできるものですが、時々デコルテやお尻に出来ることもあります。

 

顔と違って痛みのある赤ニキビになる確率は低く、放置しておいたらいつの間にか治っていたという事が多いですが、時々変な場所に出来るし痛みを伴うニキビが出来るときもあるので、きほんてきに、お尻ニキビ、デコルテにきびができたら、触らずに清潔にしておくことが一番です。

 

私も、生理前などにお尻ニキビが出来ることがありますが、痛みが無く、1,2個出来るだけなので、通気性の良い下着に替え、ニキビに効く化粧水を塗るだけで治ります。

 

お尻ニキビが出来る原因として、蒸れやかたい床に座る事で、血流が悪くなったなどがあるので、定期的に出来る人は、クッションを敷いてみたり、通気性の良い下着に替えると良いでしょう。

 

普段は一目に付かない場所ではありますが、水着の時などに困りますし、見た目もあまり良くないので、気にし過ぎなのは良くないですが、ほどほどに気にかけ、化粧水を塗るくらいはしたほうが良いと思います。

 

お尻ニキビが赤くて痛いのになってしまった場合は、顔に付けるニキビ薬を塗ってみたり、パックをしてみるのも良いと思いますが、痛くて座れないという時は、皮膚科に行って診察してもらって、早いうちに治療してもらいましょう。

お尻ニキビで大学生活に支障が出ている話

 

私は最近お尻のところにニキビができてしまってとても痛いい思いをしています。

 

私は現在、大学生なのですが、大学の講義室というのはとても固い椅子でできていて、

 

お尻ニキビができている身にとっては、痛くて痛くて、講義どころではないというのが正直なところです。

 

 

 

親しい友人にお尻にきびのことについて相談するのですが、友人は笑い事のようにとらえてしまって、

 

真面目にとりあってくれません。

 

私は本当に深刻な悩みを抱えているのに、本当にこの苦しみを分けてあげたいと感じます。

 

 

 

こういった事情で、具体的な治療法といのがわからなかったので、とりあえずインターネットで

 

おしりニキビについていろいろと調べて見ることにしました。

 

 

 

これはお尻にきびだけではなくニキビ全般に言えることのようですが、ディフェリンゲルという

 

にきび治療薬がとても効果的であることを知りました。

 

このニキビ薬の特徴というのは軽いニキビの症状から比較的重症のニキビまで幅広いニキビに

 

効果的であるということです。

 

このディフェリンゲルという成分がニキビの原因となる毛穴のつまりを解消してくれる効果が

 

期待できるんだそうです。

 

私はこのディフェリンゲルという成分のはいったにきび治療薬を早速薬局で買い求め、

 

現在治療中です。

体調不良でお尻ニキビ

 

よく吹き出物ができやすい体質なのですが、お尻ニキビができた時は本当に辛かったです。結構大きくて、椅子に座るのが辛い時がありました。

 

はじめは、当時は夏だったので汗でかゆくていつのまにかニキビができたのか、寝ている間にお尻を爪をたててかいてしまったようなことがあったのかという感じで考えていて、そのうち治るだろうと思っていました。

 

それが治る気配がなく、どんどん大きくなってきてこれは病院に行った方がいいのかなあと少し焦ってきました。

 

ですが、その時は仕事などで忙しく、病院に行く時間がとれずにいました。そうしているうちに少しずつ大きくなってきて痛みはどんどんひどくなるようでした。

 

それからしばらくして仕事が落ち着いてきて、ぐっすり眠る時間ができました。

 

寝不足解消してから病院に行こうと思っていたら、少しお尻ニキビがましになっていました。あれ?なんでだろう?原因がわかりませんでした。

 

それからも睡眠時間がしっかり取れるたびにお尻ニキビがへっこんできたのです。

 

もしかして、疲れが原因かな?このまま様子を見ようと思い、夜は早めに寝ることにして、疲れをためないように努めました。

 

すると、あれよあれよという間に1週間後には自然にニキビがつぶれてきて、2週間後にはあの痛みは何だったのかと思うくらいにきれいになくなりました。

 

てっきりばい菌が入ったのが原因かと思って心配したのですが、治ってホッとしました。

お尻ニキビができる原因

 

お尻ニキビというのは、一度できてしまいますとどうしても治りにくいものとなってしまいます。どうして治りにくいかと言いますと、お尻はニキビができやすい環境だからです。

 

 

 

お尻ニキビができる原因としまして、一番の原因は蒸れです。お尻は下着や衣類の関係上とても蒸れやすい部位です。

 

汗をかきやすい部位というわけではないのですが、すっと座ったままであったりすると通気性が悪いため、汗がたまってしまいお尻ニキビができてしまいます。

 

対処法としましては、長時間同じところに座っていないといったことや、下着や衣類は通気性が良いものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

また、お尻ニキビは摩擦が原因でできてしまうこともあります。

 

お尻は座るとかならず椅子と触れるため、座っていくうちにそれが摩擦となりお尻の皮膚への刺激になってしまいます。

 

ニキビは刺激を受けやすいところでできやすいため、仕方ないことといえば仕方ないのですが、お尻ニキビができると、座っているのも痛いです。

 

そして、ニキビができているのに座ることで刺激を与えてしまうため、大きくなっていくという悪循環となります。

 

気休めではありますが、椅子を硬いものからクッション性もものに変えられるのならば変えたり、クッションを敷くなどしましょう。

お尻ニキビを改善するために

 

私はお尻ニキビがたくさんあります。

 

お風呂屋さんに行きたいなと思っても、お尻ニキビがあるので行くことを躊躇ってしまいます。

 

 

 

お尻ニキビがなくきれいな人はとっても羨ましいし、私もそうなりたいなと思います。

 

 

 

私はお尻ニキビを改善するためにいろいろしていることがあります。

 

まずは、シャンプーやリンス、ボディーソープの洗い残しがないようにきちんと洗うことです。

 

自分ではしっかり洗い流しているつもりでも、残ってしまうことがあるので、私はきれいに時間をかけて流しています。

 

 

 

また、洗う時はそっと洗うことを意識しています。

 

顔もゴシゴシ洗うと肌を傷つけてしまうし、ニキビができやすくなると聞きます。

 

お尻も一緒でゴシゴシ洗うのはよくないので、優しく洗うようにしています。

 

 

 

また、洗い終わったら、乾燥しないようにお尻を保湿します。

 

乾燥するとニキビができやすくなるので、お尻ニキビができないようにお風呂上りは保湿を欠かしません。

 

 

 

これらのことを気をつけることで、以前よりニキビができにくくなりました。

 

以前はよく大きなお尻ニキビができていたのですが、これらを気をつけ始めてからは大きなニキビができなくなりました。

 

 

 

まだきれいなお尻にはなれてはいないので、きれいなお尻目指してお尻を清潔に、乾燥しないようにしたいと思います。